⇒ゼロ初心者のアフィリエイトブログ

美容代月3万の使い道と内訳を主婦とOLで比較しました

家庭を守る主婦とビジネスのフロントラインで活躍するOL、これら二つの異なる立場での毎月3万の美容代の内訳は一体どのように異なるのでしょうか?

各々の生活パターン、求められる美の形、そして利用可能な時間と予算を考慮に入れると、その投資の方法も変わるはずです。

本記事では、一月の美容予算が3万円という一定の条件下で、主婦とOLがどのようにその資金を活用するのかを比較します。これにより、読者の皆様は自身の生活スタイルに最適な美容への投資方法を見つけるヒントを得られることでしょう。

目次

美容代を月に3万使う40代主婦の節約術

私の年代は40代で販売接客の職業についています。勤務年数は10年で、仕事の時間はシフト制です。現在結婚して主婦をしています。

若干不規則で体力勝負な生活ですが職場の仲間と楽しくやっています。美容に興味を持ったのは丁度今の仕事に就いたころで少しでもキレイに見せたいという思いからでした。

職場の人達が忙しくても、毎日キレイに髪をセットして、キレイにメイクして、キレイなファッションをしているのが影響したんだと感じます。職場のすぐ側に美容院や化粧品屋さんが揃っていたのもあって頻繁に足を運ぶようになりました。

パート代10万の中から3万円をねん出

私の一ヵ月の給料はだいたい平均すると10万円ほどです。よく、少ないと思われがちですが、田舎で販売ノルマなしの仕事でパートと同等の立場なので、どちらかと言えば良い給料をもらっている方だと思っています。

私のお給料のほとんどは、各種支払いで半分以上なくなります。携帯電話代、生命保険料、車の任意保険料、化粧品などのカードの支払いで手元に残るのは2万円か3万円ほどです。

それなので、お給料日が楽しみというほどではありませんが、カードの支払いが終わればまた化粧品が買えるとワクワクしていました。

だいたい毎月カードの支払いは2~3万円で洋服や靴、バック、化粧品、美容院代などです。

美容代の内訳は基礎化粧品に6000円~1万円、毎月の美容院代が4000~一万円、洋服代が1万円で合計金額はだいたい2万~3万円です。

一時期、リボ払いにして毎月一万円づつ支払っていたら、いつまでも支払いが終わらないことに気づいて3万円を超えたら分割払いにするようになりました。

私は、化粧品が大好きでコンディションに合わせて基礎化粧品も頻繁に変えていました。メイク用品はとくにメーカーにもこだわらずに、CMで見た商品や同僚が使って良かったと勧めてくれるものを私も試しに化粧品屋さんに行き試してもらっていました。

仕事に行く前に立ち寄って、フルメイクしてもらってから職場での評判を聞いたり、つけ心地を実感したら仕事の帰りに買いに行ったりと衝動的には買わずに良い物を選んで買っていました。

乾燥する季節やベタつきが気になる季節は美容院で乾燥防止のヘアパックをしたり、頭皮ケアをしたりと普段のカットに足して髪もキレイな状態でいることを心がけていました。

美容院も仕事の前に行ってキレイにヘアセットしてもらったりするだけで、気分も上がっていました。

お客様から肌がきれいとか、通っている美容院を聞かれたり、何の化粧品を使っているのかなど商品に関係のない質問をされることも多かったですが、私にとっては嬉しかったです。

少ない給料の中でどうやって美容代を節約しているのか?

私は、少ないお給料の中でもどうしても美容代にお金をかけたかったので節約には頭を何度も悩ませました。

まず、初めに携帯電話の料金プランを見直しました。それだけで1000円以上安くなったんです。ポイントカードやクレジットカードのポイントを有効活用して商品券や現金と交換して使うようにしました。

一番困ったのは洋服代の捻出でしたが持っている服をリメイクして着たり、着なくなった服をフリーマーケットに出したら数万円の収入になったので新しい服を買えました。

手っ取り早くお金が欲しい時は、不要な物をかき集めてリサイクルショップに持ち込みをしていました。

普段の生活では、仕事にお弁当を作って持参したり水筒に飲み物を入れて飲み物代を浮かせたり、ガソリン代の節約は必ず特売の日に入れるようにしたりしました。

帰り道のコンビニが日課でしたがそれもやめました。夜食を食べなくなったことでダイエットにもなりました。

何かを買いたい衝動に我慢できたらご褒美として500円を貯金するようにしていたら一年で10万円貯まって驚きました。

化粧品以外の欲しい物はランキングをつけるようにして、どうしても必要なものだけを買うようにしていました。趣味の読書や映画鑑賞は図書館で借りてきて見るようにしていたので毎月0円でした。

美容代に月3万使う派遣OLの話

私は30代のOLです。最初に美容に興味をもったのは15歳の時です。それ以降12年間にわたり、日々美容の事を考えながら生活をしてきています。15歳の時は色つきリップをつけたり眉毛を毛抜きで抜いて整えたりとたりという外見の美容から始めてました。

まだこの頃はお肌などに関する美容はしていませんでした。しかし10代後半、20代、30代と年代を重ねる事に、女性には外見だけでなく肌などに対しても美容がないと生きていけない!!ぐらいの存在となっていきました。

しかも年齢を重ねれば重ねるほど重要性が増しています。今後も一生美容を考えながら日々を過ごしていこうと思っている私です。

私は現在は派遣社員で働いています。以前は正社員で勤務していました。派遣社員は正社員の時よりは少し気楽な感じであまりストレスもなく仕事が出来ていますが、やはりボーナスがない為に、給料は安いです。時給制なので、一ヵ月の給料は20万くらいです。

美容代月3万の使い道

美容項目金額購入/訪問頻度1ヶ月あたりの金額
洗顔フォーム4000円2ヶ月に1回2000円
化粧水4000円2ヶ月に1回2000円
クリーム4000円2ヶ月に1回2000円
ピーリング10000円1回/月10000円
メイクアイテム
– ファンデーション5000円3ヶ月に1回1666円
– アイシャドウ1000円毎月1000円
– フェースカラー8000円3ヶ月に1回2666円
美容院
– カット
– カラー
– デジタルパーマ25000円3ヶ月に1回8333円
合計約3万円

私の美容代の内訳をお話しします。まずは肌にかんする美容です。朝・夜と必ず必要なのは『洗顔フォーム』『化粧水』『クリーム』です。私は乾燥・ニキビ肌です。まず洗顔フォームはニキビ用のを使っています。化粧水・クリームは保湿があるものを使っています。

しかもニキビ跡がある人には大切といわれるビタミンC誘導体配合している化粧水を選んでいます。ニキビ跡をうすくしていく為にはかならずビタミンC誘導体配合が必要です。

これら『洗顔フォーム』『化粧水』『クリーム』は合わせて12000円です。化粧水だけ7000円という高めのメーカーのを使っています。これらを購入するのは2ヶ月に1回ペースです。なので 1ヶ月と考えると6000円です。

でもそれらの化粧品だけだとニキビがひどい私にはまだ必要な美容があります。私は月に1回美容皮膚科に通って、ニキビピーリングをしてもらってきています。

美容皮膚科はピーリングの後ビタミンCイオン導入もしてもらってきています。ニキビが出来なくなります。美容皮膚科でのニキビピーリングは1回10000円です。

肌以外の美容に関してです。肌以外の美容はメイクの化粧品、美容院などです。ファンデーションはルナソルのクリームファンデーションを使用しています。

乾燥肌の私にはクリームが一番あっていると思います。ルナソルのファンデーションは5000円です。。その他アイシャドウは安めの1000円くらいのを使っています。

フェースカラーはいつも8000円と少しお値段は高めのメーカーのを使っています。それぞれが3か月に1回ペースで買うので、1ヶ月だと5000円程度です。

美容院には3か月に1度行っています。私は毎回カット・カラー・デジタルパーマをかけて25000円かかります。デジタルパーマの金額が高いんですが、かけると朝整えるのがすごく楽なのでかけています。1ヶ月で考えると8000円くらいです。

これら合計金額は3万円くらいになります。

毎月の美容代で一番お金をかけているのが化粧水

肌に関する美容代ですが、美容の中でも私にはどうしても化粧水が大事なので、化粧水だけは保湿やビタミンC導体配合の金額が高めのを選んでいます。

本当はクリームも化粧水と同じメーカーのを使いたいんですが、金額が高いです。化粧水とクリームどちらが大切かといえば私は化粧水なのでクリームはもう少し安めのメーカーのを使っています。洗顔フォームは薬局で売っている安いやつにして我慢してます。

ニキビピーリングはお金が少なくて行けない月が発生する時があります。

本当はちゃんと美容皮膚科でやってもらいたいんですが、そういう時の為に美容皮膚科では自宅でやるピーリングフォーム(1本5000円)も販売しています。節約月の為にいつもそれを買っておいてあるので、家でやっています。

ファンデーションは3000円以下のメーカーだと、私はすぐにメイクがくずれたり落ちたりしてしまいます。

なのでファンデーションは4000円~6000円のメーカーでも、アイシャドーやアイラインなどは1000円くらいのにしてます。

他に私が美容で我慢しているのは、まつ毛エクステとネイルです。以前正社員でもう少しお金に余裕があった時は毎月それぞれのお店に通っていました。今も行きたいんですが、そこまでのお金の余裕がない為、我慢しています。

美容代に月3万使う20代OLの内訳

年代は、20代後半のOLです。職業は、新卒でホテルの運営会社業に入社し、現在は入社4年目になります。

入社してから2年間はホテルの現場で、フロントスタッフとして勤務しておりました。今回は一か月の美容代と給料ということで、詳しく書いちゃおうと思います!!

美容代の多くはシーボン!給料と美容代の内訳はこれ!

美容項目金額
酵素洗顔約5,000円~約6,000円
化粧水約5,000円~約7,000円
メイク落とし(クリームタイプ)約5,000円
美容液約6,000円
パック約2,000円

まず一ヵ月の給料ですが、ホテル業ということもあり、入社4年目になりますが、一般平均と比較をするとかなり低いかと思います。残業時間が多い時は20万円代半ばまでいくこともありますが、平均して月額17万円程度と一般平均と比べるとかなり低いです。

現在の美容代ですが、月換算で以前よりもかなり増加しております。お肌の状態としては、前述の通り、仕事が大変忙しく、残業も多いため、食生活の偏りや夜遅い飲食、また睡眠不足などの影響や仕事のストレスも多くあり、現在は肌荒れに大変悩んでおります。

具体的には、頬のニキビやニキビ跡(赤い色の跡)、また肌色のくすみや化粧ノリの悪さ等が気になっております。

もともとはあまり肌には悩まなかったタイプなのですが、社会人になり、特に人事へ異動をした後は、ストレスで肌の悩みが多くなりました。

それに伴いまして、美容代もかなりかさむようになりました。私は現在「シーボン」という美容エステに通っており、私の美容代のほとんどはシーボン関連の支出になります。

シーボンは化粧水、美容液、その様々美容関連の商品の販売を行っており、購入金額ごとに来店タイプのエステのサービスが付いてくるというものです。

美容代の合計金額ですが、月によってよまちまちとなりますが、延べの平均でみると、月2~3万円程度になるかと思います。

異動をする前は月に一万円もかかっていなかったと思いますので、それと比べたら大幅な増加となりました。

美容代の内訳と致しましては、酵素洗顔約5,000円~約6,000円、化粧水約5,000円~約7,000円(冬・夏など時期によって金額が異なります。)、メイク落とし(クリームタイプ)約5,000円、美容液約6,000円、パック2,000円等が主にかかっている代金となります。

現在利用をしている「シーボン」の商品は、他社のものと比較をするとお値段が大変高いため、利用をしてる「量」自体は一般的かと思いますが、単価が高額なため月あたりの利用額も大きくなっております。

食費を削り美容代と趣味の感想にお金をかけています

人事へ異動をする前は、肌トラブルも少なく美容代にお金がかからなかったということもあり、また実家から通勤をしておりましたので、自分で自由に使用できるお金が大変多くありました。

具体的には、ミュージカルの鑑賞が趣味ですので、劇団四季や宝塚歌劇団のチケット代にお金をかけておりました。

特に節約もしておりませんでした。しかし、人事へ異動をして後は、一人暮らしを始めたこともあり、自由に使えるお金がかなり減少いたしました。

そうしたなかで、お金をかけていた部分はやはり前述いたしました「美容代」です。肌トラブルが多くなってきてしまったため、必然的にかけざるを得なくなってしまいました。

自分自身の肌に合う化粧水や美容液、またクリームなどが大きなウエイトを占めております。

その他、元々の趣味であったミュージカル鑑賞はやや抑え目にしておりますが、一般の方と比べると多いとは思います。

逆に節約していることは、食費です。出来るだけ自炊をするようにし、外食代を浮かせるようにしております。

またこまめに節電、節水をするようにし、光熱費を、浮かせております。ですが、なかなか節約は難しいものがありますので、こうしたアンケート調査などに地道に参加し、小金を集めております。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次